新潟の酒 白龍新潟の酒 白龍

華やかに香る吟醸香。
透明感のある軽快な
味わいと洗練された旨さ。

しっかりとした味わいの辛口。
旨みと甘み、そして酸味の
バランスが絶妙な一本。

華やかに香る吟醸香。透明感のある軽快な味わいと洗練された旨さ。

しっかりとした味わいの辛口。旨みと甘み、そして酸味のバランスが絶妙な一本。

    • 【酒質】純米大吟醸酒
      【原料米】出羽燦々
      【精米歩合】50%
      【アルコール度】15度
      【日本酒度】±0
    • 【酸度】1.4
      【内容量】720ml
      吟醸香   ●●●●○
      コク      ●●○○○
      キレ      ●●●○○
    ご購入はこちら
    • 【酒質】純米大吟醸酒
      【原料米】五百万石
      【精米歩合】50%
      【アルコール度】15度
      【日本酒度】+3
    • 【酸度】1.6
      【内容量】720ml
      吟醸香   ●●●○○
      コク      ●●●●○
      キレ      ●●●○○
    ご購入はこちら

製造者蒸留・醸造場の紹介

白龍酒造株式会社

創業は天保10年(1839年)。廻船問屋から分家し、『瓢湖』で有名な当地に酒蔵を開いたのが始まりです。新潟県の穀倉地帯・越後平野のほぼ中央部に位置し、その肥沃な大地で育まれた良質な酒米、清冽で豊かな水量を誇る阿賀野川水系の仕込み水、脈々と受け継がれてきた歴史と伝統の技を用いて、物言わぬ酒と真摯に向き合い、品質第一に、愛されるお酒を今日まで醸し続けております。

  • 原料について

    酒造好適米『出羽燦々』を100%使用して醸した純米大吟醸酒です。このお米で醸したお酒は、キレの良いさらりとした飲み口で淡麗な味わいに仕上がる特徴を持ったお米です。

    造りについての特徴

    『出羽燦々』を50%まで磨き、低温でじっくりと丁寧に醸しました。機械化された現代でも、あくまで伝統に裏打された昔ながらのスタイルにこだわった酒造りを行う。酒と向き合い、酒の声を聞き、継承され続けた技で日々精進しております。

    ご購入はこちら
  • 原料について

    酒造好適米『五百万石』を100%使用して醸した純米大吟醸酒です。このお米で醸したお酒は、穏やかな吟醸香、まろやかな旨み。甘みと酸味のバランスのとれたしっかりとした味わいのお酒に仕上がりました。

    造りについての特徴

    『五百万石』を50%まで磨き、低温でゆっくりと醸しました。『人と語る、酒と語る』をモットーに物言わぬ酒の声を聞き、真摯に酒に向き合っております。優雅で繊細な味と香りを持つお酒を表現するために、妥協のない作業で出来上がったのが、このお酒です。

    ご購入はこちら