太陽と月のリズム 自然が育むバランス エミリアーナ太陽と月のリズム 自然が育むバランス エミリアーナ

エミリアーナ・ヴィンヤーズは1986年に設立され、ブドウのオーガニック栽培・ビオディナミ農法を実践し、チリ最大の有機栽培畑を所有するワイナリーです。

2003年オーガニック栽培のブドウを使った「コヤム2001」を発表し、 その2年後ビオディナミ農法で造った「ジー2003」をリリースした自然派ワインのパイオニアです。

カサブランカヴァレーを中心に、マイポヴァレー、カチャポアルヴァレー、コルチャグアヴァレー、ビオビオヴァレーの各産地に自社畑を922ha、契約畑334haを管理し、オーガニック認証受けた畑を1200haも所有する世界有数のワイナリーです。

創立して10年が経ったころ、この消費者認識の変化に対応する形で、コルチャグアヴァレーにあるワイナリーを100%オーガニック栽培及びビオディナミ農法に変える事を決意し、直ちに実行しました。自然に対する最大の敬意を表す事は、最高品質のワインを生み出す事であるという信念を持ち、「オーガニック栽培そしてビオディナミ農法こうそが、ワイン造りに新しいモチベーションを与えてくれます。」と創業者は自然農法への強い思いを語ります。

~南米チリ最大のオーガニックワイナリー~ エミリアーナ
エミリアーナのワインメーカー ノエリア氏エミリアーナのワインメーカー ノエリア氏

ノエリア氏は、バレンシア工科大学でブドウ栽培学と環境の学位を取得し卒業しました。ノエリアはスペインのミゲル・トーレスやマルケス・デ・グリニョン、ニュージーランドのオイスター・ベイを始め色々なワイナリーでの経験があります。2011年、彼女はエミリアーナの仲間に加わり、Signos de Origen, Coyam, そして Gêをワインメーカー コンサルタントのアルバロ・エスピノサと一緒に任されています。

オーガニック(有機)栽培とは…

この種の農法の基本方針は、合成化学物質を使用しない、安全な食べ物を生産することです。 また、従来型農法によって引き起こされた問題、例えば土壌の荒廃、砂漠化、汚染物質の混入や汚染、生物多様性の損失、穀物への有害物質の残存などを無効にしようとする試みでもあります。

バイオダイナミック農法 とは…

ビオディナミは、人智学のルドルフ・シュタイナー(1861-1925)によって提唱された有機農法・自然農法の一種で、循環型農業です。 以下の原理に基づいています。

EMILIANA×AEONオリジナルEMILIANA×AEONオリジナル

”O”は円環を象徴し、精神世界、調和、悟り、そして宇宙全体を示す伝統的な表現でもあります。円環はまた、月の形でもあり、月は私たちがブドウを栽培する上で鍵となる要素です。”O”はまたオーガニック(Organic)の”O”でもあり、私たちのワインがオーガニック農法で造られているためでもあります。私たちはオーガニック農法がより健全で、よりバランスのとれた葡萄畑を得るための最も良い方法であることを理解しており、その結果としてもたらされるのが素晴らしい品質のワインなのです。

オー レゼルヴァ カベルネ ソーヴィニヨン☆オー レゼルヴァ カベルネ ソーヴィニヨン☆
ご購入はこちら
オー レゼルヴァ シャルドネ☆オー レゼルヴァ シャルドネ☆
ご購入はこちら